アウトリガーカヌー・ナビゲーター  いぬ好きフジオの人生山あり海あり日記

海や山や犬や旅や自分の事などをお話しながら、フジオの生き方を伝えていくmemo

OCパドル:スタート直後の混沌とした中で見えるものが好き

f:id:fujikumachan:20170705201450j:image

この混雑ぶり

いいですね^ - ^

 

OC6のレースで

好きな時間は

この写真の様な

スタート直後の時間帯。

 

日本国内でのOC6レースは

8〜25kmくらいの

ある程度の長さの距離を

ブイを浮かべて

三角形や四角形の形の大きなコースにして

漕いで帰ってくるのが一般的です。

 

スタートから1km以上先のブイ目指して

そこまでのスタートダッシュ!!

 

これが

漕ぐのも

見るのも

毎回楽しみ(^^)

 

各チームのゲームプランの違いが

スタート後の混沌とした中で

漕いでる真横や

見ている目の前で

体感できる

目の当たりにできる

そんな時間帯。

 

ピッチ(漕いでるリズム)

ストローク(一漕ぎの長さ)

パドルチェンジのタイミング(漕ぐ側の左右の入替)

コール(パドルチェンジ時の掛け声)

力の入れ具合

などなど

チームそれぞれで事情が違うんです(^^)

ピッチはゆっくりなんだけど!

パドルチェンジなかなかしない!

ストローク短くてピッチが凄く速い!

とか変化に富んでます。

 

スタートから1分位すると

スルスルと抜け出てくるチームが出て来ます。

そのレースに向けて

どのチームもみっちり準備して来たと思うのですが

差が少しづつ出てきたりします。

一漕ぎで

例え1cmの差てあっても

100回漕ぐと1mの差になります。

移動距離にして約300m。

時間にして1分半くらい。

これを9kmのコースで

そのままのペースでいくと。

ゴールした時

トップと2位との差は

 

約30m

 

少しづつ離される。

持ち直すのにも各チームの特色がでます。

ピッチを早めたり

ストロークを伸ばしたり

その場で差を縮める様にしたり。

このままキープで後半盛り返す様にしたりとか。、。

 

そんなこんなを

漕ぎながら感じられる

横から全体を見渡せる

この時間帯は凄くいいです。

各パドラーの息遣いが聞こえそう(^^)

 

ちなみに

モクプニは

パワーは7割。

ピッチは55〜60漕ぎ/分。

パドルチェンジ最初10漕/1回

艇速出たら13漕ぎ/1回。

こんな感じでいきます。

 

後もうちょい

レースが楽しみです♬

 

短距離のものもあります^ ^

0.5kmくらいの短いのは

一旦なくなったのですが

ここ最近また復活して来てます(^^)

これは浜から見える範囲でやるので

大勢で見ることが出来ます。

だいたい何百m先かにブイを立てて

そこを180度ターンして

戻ってくるというものです。

こちらもスタートの醍醐味は一緒。

毎年6月の江の島と9月末頃の逗子での

レースに組み込まれています。

良かったら見に行ってみてください。

「湘南オーシャンパドリングチャレンジ」

 「逗子パドルミート」

 

最後まで読んでいただきまして
ありがとうございます


江田島がんねムーンビーチを拠点とするクラブ〜

◯モクプニアウトリガーカヌークラブせとうち
 代表
 フジオ (小林富士雄)

 ホームページ
 https://www.mokupuni2016.com

 

Facebook[友だち申請、フォローはお気軽に。] 
  https://m.facebook.com/fujio.kobayashi.9?ref=bookmarks

Twitter[かなり休眠中。気長にお待ちを]
  https://twitter.com/fujikumachan