アウトリガーカヌー・ナビゲーター  いぬ好きフジオの人生山あり海あり日記

海や山や犬や旅や自分の事などをお話しながら、フジオの生き方を伝えていくmemo

気になる写真家の写真展に行ってきました

f:id:fujikumachan:20170624233022j:image

 八木橋スミコさんの写真展を

見に行ってきた。

http://tsunagaruie.com/archives/4835

 

作品を間近で見たかった写真家のお一人。

朝一から1時間ほどの短い時間だけど

いい時間を頂けました。

 

今回の展示は

お子さんをメインに置いているもの。

親として大きな決断だなと思ってて

そこを確かめに行きたかったんです。

沢山の大きな決断があったと

ご本人も話ししていたように

撮影場所のフランスに二人で行く事から

あったそうです。

出発直前から熱出たり

お子さんにとっての初めての海外

などなど

 

そんな

思いを聴きながら

写真を見ていると

その時その時しか

瞬間てないんだなあと

思いが出てきて

やっぱり

いまを

この瞬間を

大事にしたいな

と改めて思いました。

うちの子らも

放ったけばあっという間に

大人になるし

自分自身も

速攻で爺さんになる💦

 

時は止まらないけど

その瞬間は

記録に残せる

 

写真をまた取り始めよう。

 

その帰り道

坊主頭にしてから

日陰を歩くようになったなぁ

と思った。

 

小さい頃は

母親と夏の日差しの中

てくてく歩いていると

 

母親はいつも日陰を歩いて居た

 

あの頃は

それが不思議で

なんで日向歩かないの?

お日様当たっていると

気持ちいいのに

と母親によく話しかけた記憶がある

 

そんな問いかけに

母親はいつも

笑顔で頷いて

答えてくれてた

 

たまーに

日陰歩くと涼しくなるのよ

と話しかけては

僕を引き寄せて

日陰に入れることをしてくれてた

 

ただでさえあっついのに

身体くっつけるとえらい熱い

でもそれが心地よかったのを

なんか思い出しちゃった(^^)

 

なんでそんな事出てきたのかな?

と考えたら

スミコさんの展示で

入口近くの数枚の写真に答えがあった。

親子で見つめ合う二人。

その写真のお子さんの表情が

母親に引っ張られて

日陰を歩いた

僕の顔と同じ感じだったのかもしれない。

 

6/25まで展示しているので

お時間のある方は是非(^^)

八木橋スミコ写真展「環」

日時:2017年6月23日(金)~25日(日)11:00~18:00

場所:東京都東京都世田谷区世田谷2丁目6-5
(東急世田谷線上町駅徒歩2分)
ルッカという赤い扉のレストラン

 

最後まで読んでいただきまして
ありがとうございます


江田島がんねムーンビーチを拠点とするクラブ〜

◯モクプニアウトリガーカヌークラブせとうち
 代表
 フジオ (小林富士雄)

 ホームページ
 https://www.mokupuni2016.com

 

Facebook[友だち申請、フォローはお気軽に。] 
  https://m.facebook.com/fujio.kobayashi.9?ref=bookmarks

Twitter[かなり休眠中。気長にお待ちを]
  https://twitter.com/fujikumachan