読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アウトリガーカヌー・ナビゲーター   犬好きフジオの人生山あり海あり日記

海や山や犬や旅や自分の事などをお話しながら、フジオの生き方を伝えていくmemo

6人それぞれの目的が一緒でないと、速く進めることは出来ない。その目的を同じくするために必要な2つのキーワード。

アウトリガーカヌー

f:id:fujikumachan:20161015235037j:plain

6人乗りのアウトリガーカヌーを

速く進めるには。

漕ぐ力が強い人が沢山乗っていれば

速く進むという訳ではない。

 

結論からいくと

6人それぞれの目的が一緒でないと

速く進めることは出来ない。

と僕は考えている。

 

だから

漕ぎ手1人1人の能力が高ければ

良いという結論にはならない。

 

どんな漕ぎ方をしていても

力が多くても少なくても

体重が軽くても重くても

性格が悪くても良くても

目的が一緒であれば

今乗っている6人での最大船速を出すことは

難しい事ではないんでないかと。

f:id:fujikumachan:20161015235102j:plain

 

しかし

その目的を6人同一にするということが

簡単では無いところが

これまた6人乗りアウトリガーカヌー(OC6)の

醍醐味になるんだと思う!!

 

僕自身の経験で言えば

アウトリガーカヌー人生の中で3回だけ。

こりゃスゲー!!

ううぉーキモチイイ〜!!

はええこのカヌー!!

このままいかせてー♬♬♬

と感じられたのは。

 

その内の2つは記事にしてあるので良かったら読んでみてください。

魂の仲間 - アウトリガーカヌー・ナビゲーター・犬好きフジオの人生山あり海あり日記

OC6:6人乗りアウトリガーカヌーが漕ぐ人を魅了する4つの理由 - アウトリガーカヌー・ナビゲーター・犬好きフジオの人生山あり海あり日記

 

その時のことを振り返りながら考えてみると

目的を同じくする為に、2つのキーワードが出てくる。

 

1.引き立てる力

2.コミュニケーション力

 

 

1.の引き立てる力というのは。

お世辞やおべっかやお節介をするというのではなく。

その6人が同じ方向を向くことが出来るために

ひとりひとりが責任を持って立てるように

必要な位置まで引き上げること。

 

都合の良いことにOC6は6人乗り。

前から数えて1番〜6番までシートがある。

そのシートごとに役割がある。

1番 リズム作り。

2番 1番の作ったリズムを、後ろの人達に伝える。
   1番の人へのアドバイス。

3番 パワーのある人。全員に対して※コールする。

4番 6人の中でパワーのある人。エンジン役。

5番 パワーのある人。6番のサポート。必要な時に舵取りもする。

6番 舵取り。カヌーと置かれている環境全ての状況を把握して、無事に目的地に到着させる。

この分担のおかげで、それぞれの役割ができ責任が発生する。

あとは立てるように、そこへ自分の個性をアジャストするだけになる。

そのアジャストする過程において、おのおのでひとりひとりが引き立つように

情報交換しながらやっていく。

例えばこんなやり取り。

Q1:1番ならどれくらいのリズムで漕げば良い? 

⇒A:一定のリズムで、あとは海況に応じて、自分の感じたリズムで好きに漕いで!

⇒Q:海況の見方が解らない。

⇒A:6番から状況伝える。

 

※コール=OC6は片側づつ漕ぐので、漕ぐ側を変える時(左右の切替時)の声をかける。

f:id:fujikumachan:20161015235131j:plain

 

そこで2.コミュニケーション力に繋がる。

以前ミニレースで、20代のバリバリアスリート集団よりも、

40代の飲み友達が速かったことがある。

これは飲みニケーションの最大の効果だったかもしれない。

言いたいことが言える「自分」

言いたいことが言い合える「他5人」

聞いて答えてあげられる「自分」

聞いて答え合える「他5人」

そしてそういうことが出来る「場」

飲みニケーションでは簡単にこの環境が作れるかもしれない。

でも飲みでなくともそれは出来るだろう。

心底楽しみたい!!    ⇒「楽しみたいから何をしよう?」

たくさん漕ぎたい!!   ⇒「たくさん漕げるにはどんな方法があるの?」

家族の喜ぶ顔が見たい!! ⇒「いい結果出したいから、みんなで力を合わせたい!」

そんな気持ちを表現出来るようにすることだけで

コミュニケーションの力は出来ていくんだと思う。

 

この結果

ゴールへいかに早く着くか!

誰にも負けないスピードを出す!

勝負に勝つ!

このような目的に化けて行くのだと思う。

そしてその目的が明確になっていると、

人馬一体の様な感覚をOC6上で味わえて

想像できないような速さで

海を駆け抜けていくことが出来るように

なるだろうと考えている。

 

10/29のレースではそれが出来るようにやっていく。

場所は神奈川県茅ヶ崎市東海岸南6丁目付近 ヘッドランド周辺にて。

「11th Hukilau Challenge」  

 

 

 参加者募集中」

OC4を使った、大人向け冒険旅行のプログラム

10/22〜23 1泊2日 江田島市がんねムーンビーチにて。

¥15,000/1人

mirai-note.com

 

 

ありがとうございます。
フジオ

Facebook[友だち申請、フォローはお気軽に。] 
  https://m.facebook.com/fujio.kobayashi.9?ref=bookmarks

Twitter[フォロー&リツイートお気軽に。]
  https://twitter.com/fujikumachan

◯〜冒険旅行&冒険教育プログラムをプランニングする会社〜

  株式会社 みらいのおと
  http://mirai-note.com