読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アウトリガーカヌー・ナビゲーター                   犬好きフジオの人生山あり海あり日記

海や山や犬や旅や自分の事などをお話しながら、フジオの生き方を伝えていくmemo

災害時に家が孤立したときは

f:id:fujikumachan:20160604065112j:plain

災害時に家が孤立したとき、どう行動するか。

いろんな状況が考えられるが、

2次災害を予想すると、避難が一番。

物資の供給が滞るのであれば、備蓄確認と周辺の食材及び消耗品の確認。

動ければ上ができるが

怪我をしたり道路が寸断されたりして、

数日停滞する必要がある場合も考えられる。

その際は、家に食料備蓄及び水の備蓄がないと厳しい。

今、自宅では米90kg、火器類、ナイフ、居住空間確保するものは準備しているが、

水の確保はまだしていない。

近所の水源の調査はしているが、災害時に取水できるかどうかは定かでない。

あと、味噌くらいは持っておこうかな。

災害対策は、緊急避難経路も含めて使われないに越したこと無いが、

使いたい時にそれが無いと、最悪死ぬかもしれん。

僕は家族含めてまだ死にたくないので、準備できるものはしている。

物が準備出来ていても、心の準備がないとこれも判断を鈍らせる原因となるであろう。

わざわざ避難訓練をやったりするのではない。

日常の中に不便な時間をつくるのがいいのかもしれない。

例えば、電灯でなくろうそくの明かりで、夕飯を食べたり。

庭や河原でBBQをしたり。

車でいくところを歩いて行ったり。

包丁でなくナイフをつかったり。

火起こしをしてみたり。

なんかそんなのを家で家族と楽しみながらできると、

いい心の準備ができるのではないかとカンガエル。

 

今日からほぼ毎週末、

広島県南区にある似島の南西部でキャンプをする。

そこは僕らがこれから作り上げていくキャンプ場。

いろいろと好きな形で作り上げていっても良いと、地主さんが言ってくれている。

その場所で上に書いたようなことをやっていこうと思う。

まずは小中学生のみんな。

大人にもいつか。

 

ぼうけん塾〜開拓編〜(2016年6月4日〜5日) | 株式会社 みらいのおと

ぼうけん塾〜火術編〜(2016年6月11日〜12日) | 株式会社 みらいのおと

ぼうけん塾〜食糧編〜(2016年6月18日〜19日) | 株式会社 みらいのおと

ぼうけん塾〜ロープワーク編〜(2016年7月2日〜3日) | 株式会社 みらいのおと

ぼうけん塾〜イカダ編〜(2016年7月9日〜10日) | 株式会社 みらいのおと

ぼうけん塾〜サバイバル編〜(2016年7月16日〜18日) | 株式会社 みらいのおと