アウトリガーカヌー・ナビゲーター  いぬ好きフジオの人生山あり海あり日記

海や山や犬や旅や自分の事などをお話しながら、フジオの生き方を伝えていくmemo

SUP

SUP&OCパドル:冬に海へ漕ぎ出る為には

冬に漕ぐ為には この時期に海に出ておくのが吉(^^) イキナリ冬場に出ると 身体も気持ちもビックリしちゃうからね(^◇^;) まだ寒さに慣れていないから ちょと厚着して 風除けしっかり羽織って 海に出て行きましょう。 漕ぎだしたらすぐに暑くなります♬ 暑くな…

SUPパドル:パドリングするのに脚力は必要なのか?

SUP

脚力は必要です。 爆発的な力とかはいらないです。 ただ不安定な水面に立っているので 上物を長時間支えてあげられる脚力が必要です。 SUPでパドリングしている時の 僕のバランスの悪さ・・・ この原因の一つに 「脚力不足」があった。 先日プールに泳ぎに行…

オールとパドルのお話

オール と パドル この違いを質問されることが多いので 簡単に記しておきます。 オールもパドルも 舟を前に進めるための道具の名称です。 (時には左右後ろに進めるのにも使います) 日本語ですと両方とも「かい」です。 漢字にするとオールが「櫂」、パドル…

SUPパドル:夕方のいい時間

SUP

ゆっくり時が流れる Sunset Paddlgng 1日生き抜けたそのご褒美 今日は夕陽をとりわすれたので 昨日のでご勘弁! 最後まで読んでいただきましてありがとうございます 〜日の出を撮影出来ないクラブ〜 ◯モクプニアウトリガーカヌークラブせとうち 代表 フジオ…

SUP&OCパドル:天気が気になるけど、それでも海に出たい時の判断は?

お空が安定していない時は 海には出ないに限ります。 臆病者の僕は だいたい出ないですが(^^;; ただ どうしてもこの時に! 漕ぎに行かなきゃ! という時はどうしたらいいか その辺を考えてみた(^^) あくまでも 僕の個人的な見解なので 解釈は読んだ方にお任…

鼓動を感じてトレーニングしてみよう

あちきの最大心拍数はいかほどか? 今まで特に気にしたことなかったけど 今回導入したオーロラビジョンが 心拍数も測れるので ちょと方法を調べてみた。 このサイトを参考に 自分には一体どんなものが 出てくるのかやってみよう!! 心拍数トレーニングと最…

OCパドル:そろそろ合わせないと合わなくなりそうなので合わせてみました。

そろそろ合わせないと 合わなくなりそうなので 合わせてみました。 OCを漕ぐ醍醐味の一つに 「漕ぎが合う」 と言うのがあります。 これは簡単に言うと 漕ぐ時の力を入れるタイミングが合うことによって OCがピューっと軽やかに進む状態のことを言います。 そ…

オーロラビジョンただいま休止中

1週間ほど前からなのですが オーロラビジョン休止してます。 この有様・・・・・・・・・・_| ̄|○ なぜか裏にも・・・・・・・・_| ̄|○ 充電して 朝起きたら これだ 寝相の悪い僕の裏拳か? 子どもらのイタヅラか?? いや あいつらのどちらかに違いない…

広島地元感アリアリは一体どこから来たのか?

今日も漕いで来ましたよ。 広島戻って来ての一漕ぎ。 地元に戻った感アリアリ(^^) あー、居心地良し良し♬ 地元感アリアリは一体どこから来たのか??? ちょと考えてみた。 広島に完全に居座って2年半。 こんな短期間で よくここまで地元感を醸し出している…

SUPパドル:足の関節の動きから漕ぎの下地作りを考える

SUP

下地づくりには ビーサンが吉!! 足の甲にある リスフラン関節とショーパール関節。 ここをうまく使いたい。 考えのもとはこのリンクからです↓↓↓ itami-setumeisho.com これを意識して使うようになるのに ビーサン履いていると感じられやすい!! というの…

クロストレーニングとしてのSUPの有用性

世の中にはいろんなスポーツがあります。 そのどのスポーツにおいても クロストレーニングにSUPを取り入れるのが 吉だと感じています。 理由は 体幹鍛えるのに最適だから!! というのは副題で^^; 一番はストレス解放になるから。 特に海SUP。 要求する運動…

SUPパドル:体力測定20170919

SUP

20170919 観音マリーナー津久根島 往復 距離 6.5km 風 ほぼなし 潮 大潮 干潮 02:57 15:08 満潮 08:53 21:25 行き 23分14秒6(09:44→) ペース 7分05秒/km maxペース 6分25秒/km 帰り 28分00秒7(10:25→) ペース 8分50秒/km maxペース 7分35秒/km 往復 53分…

3大のパドリングスポーツの違いとは「高さ」にある

3大のパドリングスポーツの違いとは「高さ」にある 僕がやるパドリングスポーツは カヤック、アウトリガーカヌー、SUP この3種類。 SUPはパドリングスポーツの中では 視点が高いのが特徴と言われることがある。 実際に人に漕ぎ方を教える時に そういう風に…

SUPパドル:体力測定20170909

SUP

ホームゲレンデで体力測定。 いつもはだいたいで測っていますが 今回からはちょと細かく。 来週からオーロラビジョンが導入されるので その前哨戦も兼ねて。 20170909 観音マリーナー津久根島 往復 距離 6km強 風 北寄り1-2m 潮 中潮 干潮 05:28 17:43 満潮 …

SUPパドル:ビキニは海に居なかった!!でも、成果さんはいたようです。

SUP

ビキニは海に居なかった!! けど そこに成果さんはいらっしゃいました(^^) ガン見いいです! 着信アリ 効果アリ。 集中するとボヤッと見始める その時にやはりバランスを失いそうになる。 そこでガン見(遠くの方。今日は大竹の工業地帯) そうすれば保たれ…

SUPパドル:やっと解ったバランスの取り方

SUP

遠くを見ることによって 平衡感覚を均衡させられる。 そんなの解ってて 前からやってるよ! みんなにも伝えているし なんで今頃??? なんだけど 気がついてしまったのです 自分の欠点に。 それはバランスを崩す前に 必ず近くを見ていること。。。 基本的に…

この上ない気分転換の方法

海に出るのはサイコー 気分爽快!! 僕にとって この上ない気分転換の方法。 都会に居た時 山に居た時 それぞれでも 色々と気分転換方法を探しました。 色々試したけど スカッ!! っと来るのは 「海に行く」 でした。 なので 都会に居ても 山に居ても 気分…

SUPパドル:我が子スクール

子どもら3人まとめて SUP指導(^^) 結果 言葉はあんまりいらない やはりやるのが一番!! 末っ子長男は初めてだったけど これからオモシロくなるかも(^。^) 最後まで読んでいただきましてありがとうございます 〜江田島がんねムーンビーチを拠点とするクラブ…

海に漕ぎ出すのも旅の一つ

今朝も 近場の海で 1人漕ぎ。 漕ぐのも旅の一つだと考えてます。 天気予報 天気図 風 潮見表 注意報警報類 体調 などを確認して 当日行く場所 コース 距離 漕ぎ出す時間 運動負荷 装備 そんな事を確認していきます。 これって旅じゃん(^^) と最近考え始めま…

SUPパドル:漕ぎ方ほぼ完成

SUP

できた! あとは いろんなコンディションでも 作り上げた形で漕げるようになるだけ (^^) 最終的に 一般的にやられている漕ぎ方に 今回取り組んでいたものを 組み入れた感じ(^^) 昨日今日試した結果 これが疾走力と持続力の バランスが良かったです(^^) やり…

SUPパドル:方向性は間違っていない、要は慣れること。

SUP

身体に染み込ませて 目を閉じたままでもできるように。 そこまで慣れてしまえば良いのだと 気がついた。 僕の板は乗って踏み込むとグラグラする。 なのに他の人が乗ると 「なんて乗りやすいんだ!!」 「万人向けのセッティングで、良い板だね(^^)」 などな…

SUPパドル:いかに疲れないで漕ぐか、それが出来ると速くなる。

SUP

効率が良いから疲れない。 疲れないから長く動ける。 同じペースでいければ 最終的には目的地に早くついている。 これは 山登りが大好きだった母ちゃんから教わったこと。 漕いでいても同じだなと 最近思うことが多いです。 2割の力で7割の速さ これが今の…

高温注意!!パドルのグリップ取れちゃった・・・

SUP

熱で接着剤がレロレロ。 パドルのグリップがこんな状態・・・ 真昼間の車内は一体何度になって居るのだろう?? とにかく接着剤が溶ける温度というのは間違いない。 僕の場合は ケースにパドルを入れていて そのケース内がすごい熱くなっていた。 なので 今…

SUPパドル:漕ぎ方は出来上がった、あとはバリを取っていこう

SUP

漕ぎの型創りは出来上がりました。 今年はこれでいこう!! そこまでには成れたかなあ(^^) (ここに至る過去記事は最後の方にリンクしてます) まだまだ馴染んで無いので タイミングとか動きとか それぞれがイメージとはバラバラな動きをしている。 なので …

SUPパドル:角度なんです

SUP

キャッチの時のブレードの角度。 あ〜そこそこ!それツボお!! ってとこが今日見つけられました。 ツボは 肩甲骨ぐい〜んと広げて 腕を肩甲骨ごと前に出したところでキャッチする! そうすると あら不思議(^^) ブレードに角度がついて 体重が乗せやすい!!…

あーだこーだ言う前に海に来て良かったです

時間があまり無いけど 広島戻ったら やはり海! と言うことで 江田島のサンビーチ沖美へ! 今日はむちやくちや 凪いでるマンセル(^^;; 仕事上がりに一漕ぎ! と思って来たものの この凪の感じがなんかこう 良くって♬ まったりとしてました。 家の目の前が海…

ひさびさに見る太平洋は何色に見えるのだろうか?

太平洋は 藍色だった。 久々に拝めた太平洋 豊かだなと感じさせてくれました(^^) 今回は 四月から南房に移住したあいちゃんに ガイディングをお願いしました(^^) 「海、美味しいもの、おまかせ」 の3フレーズでサクサクとご案内の8時間。 ガイドとしてかな…

SUPAベーシックインストラクター講習を受けて来ました

SUP

日本のSUPの団体のSUPAの ベーシックインストラクター講習を受けて来ました。 http://supa-japan.org/ SUPというスポーツを広めるために 指導者としての知識を受け取って 今持っているスキルを見てもらい インストラクターとして立って行けるか という所を第…

SUPパドル:クルッと回る時の5つのコツ

SUP

SUPの後ろの方に立って クルッと回る(^.^) その練習をしてきました。 ロングで漕いだり チャポチャポ遊ぶくらいなら その技術は必ず必要なものでは無いんだけど 板をコントロールすると言う事では 非常に重要な要素なんです。 レースでは特に重要。 僕にとっ…

日の長さを堪能するのに瀬戸内(広島湾)が良い理由

瀬戸内(広島湾)の夕暮れ やっぱり 海況が穏やかなのに限る。 また日が長いので 風が止んでから出ても 明るい時間に戻ってこられる。 僕が住んでいた東京よりも こっちは西にあるので 日が長い。 僕はこの日の長さがすごくいいなあと思っています。 もちろ…